『いつか結婚するつもり』・・・

未婚者の9割は

​なのに婚姻数は減少している・・・
創造的な仕事

いつかは結婚すると思うけど、、、

〇仕事が忙しい

〇趣味や好きなことに時間を使いたい

​〇いい出会いがない

結婚の現状

​​​​昔は適齢期に信用のある出会いが提供され、

恋愛=結婚 という皆婚社会があったので

自然に適齢期に結婚できていました。

        しかし

​現在はライフスタイルの変化から、様々な出会いに恵まれるも、スムーズに結婚するタイミングが難しくなってしまいました。

伝統的な日本式婚礼
カップルは、下を向きます

出会いは増えている

​お手軽に出会えるサービスは増えたのでアプリを使ったマッチングサイトや大手結婚情報サービス、婚活パーティー利用者は年々増加しております。しかし、お相手の情報の信頼度が低い場合や、マッチングミスも多く、出会うだけで続かなかったり、結婚までは進み辛いのが現状です。

結婚に至るタイミングが難しくなりましたので、サポートがある方がいいと思っていても、結婚相談所はもてなくて結婚を焦っている人が行く場所なのではないかと思ってそこまでは、、、と躊躇していらっしゃる方はいまだにいらっしゃいます。

 

描いた人生設計を実現するために

理想の相手を見つけ

理想の結婚をする

​しっかりと人生を考えて効率よくサービスを活用する場所という認識へ変化しています。

​​自分のキャリアや将来設計を考え適齢期に結婚出来るよう皆様上手にサービスを活用しています。

結婚相談所は

賢い方ほど結婚相談所を使っています。

新郎新婦の靴

結婚相談所を使う理由

​システムを利用し多くの人に

出会うことが出来る。

普段の生活の中では出会うことがないようなお相手とも結婚を前提に向き合うことが出来ます。

​今までの生活で結婚相手に巡り合えていない人が早く結婚相手に出会うには「出会いの数を増やす事」がまずは重要です。

​お相手の身元がはっきりしている

安全な出会いです。

IBJ連盟では、お相手と会うために定められた書類を提出していただき、各所で身元の確認を行っています。外見や趣味、お酒やたばこの嗜好はもちろん、本来聞きづらい年収や家族構成、親との同居を希望するかなども事前に知ることができます。

書類の用意が面倒と思うかもしれませんが、その分入会者は厳正に審査されており、「真剣にお相手を探している証」でもあるのです。

​​カウンセラーのサポートがあります。

カウンセラーが女性目線、男性目線、時には親目線で結婚へと導きます。仲の良い友達や、大事な両親だからこそ相談しにくい事もあります。結論は自分の中にありますが、それまでのお悩みや希望を共有して一緒に伴走いたします。「常に相談できる環境で自分らしい決断を」することが出来ます。

​全員が結婚願望のある独身者です。

​結婚を望んでいるのかわからないお付き合いを続ける事は時間の無駄。限りある時間の中で理想の結婚相手と出会いたいのであれば「結婚を望んでいる相手と出会う事」が重要です。

​​交際にルールがあるため一定の期間で判断します。

お互いの時間を大切にするために無駄に交際を長引かせることはしません。仲人が間に入り、ご本人同士の気持ちを優先しながら結婚を真剣に考える環境を整えますので「お互いの気持ちが合えば結婚までの展開はスムーズ」です。

結婚後の満足度が高いです。

ラージャスターン大学での研究で1年目の満足度は「恋愛結婚=70点」「お見合い結婚=58点」ですが、長期的な満足度では「恋愛結婚=40点」「お見合い結婚=68点」と逆転したという結果が出ています。譲れない部分を理解して、少しずつ歩み寄っていけるから長く幸せな関係が続くのです。